本文へ移動

安部榮四郎紙業略年譜

明治35年 島根県松江市八雲町岩坂に生まれる。
大正元年 少年時代より家業の紙仕事に従事する。
昭和6年 柳宗悦氏との面接を動機にはじめて出雲民芸紙を創作する。
 〃 7年 大毎・東日両新聞社主催の産業美術運動民芸品展覧会で民芸賞牌を受賞。
 〃 8年 ハワイに開催の日本民芸展に雁皮紙その他を出品する。
はじめてドイツ、イタリア、米国へ輸出する。
 〃 9年 東京資生堂で初めて個人展を開く。バーナード リーチ氏来訪
 〃 19年 農商大臣より出雲民芸紙の技術保存を認定される。
 〃 20年 「出雲民芸紙の由来」を刊行する。
 〃 23年 第1回島根県文化賞を受賞。
 〃 27年 民芸紙創業20周年を記念し「出雲の紙」を刊行する。
高松宮様山陰地方ご旅行の途次、民芸紙工場および安部家の展示品をご視察になる。
 〃 28年 常陸宮様山陰地方ご旅行の途次、民芸紙工場および安部家の展示品をご視察になる。
写真 松江駅にて(バーナード・リーチ、柳宗悦)
 〃 29年 5月 全国農村工業輸出振興展で農林大臣賞を受賞。
9月 着色模様和紙の製造法特許となる。特許番号(第21629号)
11月 島根県教育委員会より、教育功労者として表彰される。
文化の日に中国新聞社(広島)より、中国文化賞を受賞。
12月 「出雲民芸紙」を刊行する。
 〃 31年 4月 黄綬褒章を受く。また紙業40周年を記念し「出雲民芸譜」「出雲民芸紙」
特製本「紙すき40年」を刊行する。
10月 日本発明協会より、発明優秀賞を受賞。
 〃 33年 4月 米国シアトル市で開催された第7回国際貿易見本市で賞を受賞。
 〃 34年 写真 棟方志功(新築の襖画書きに)
 〃 35年 9月 島根県無形文化財として認定を受ける。
奈良正倉院宝物紙の調査を宮内庁長官より依託を受ける。
12月 日本の紙およびパルプ工業界に1948年創定されたマードック賞を受賞。
 〃 38年 12月 「紙すき50年」を刊行する。
 〃 39年 2月 東京で「紙すき50年」出版を記念して「出雲和紙50年展」を開催。
 〃 40年 1月 沖縄那覇市の沖縄タイムス社の主催で「和紙展」を開く(また53年1月に第5回の作品展を開く)。
 〃 42年 11月 「雁皮染紙」日本民芸館賞を受賞。
 〃 43年 3月 国の重要無形文化財「雁皮紙製作技術保持者」として指定を受ける。
 〃 44年 8月 ご来県の常陸宮同妃両殿下には、民芸紙工場および安部家に和紙参考品の展示室をご視察になる。
 〃 45年 1月 卓越せる技能者として労働大臣表彰と優秀技能賞を受ける。
10月 ヨーロッパ各地を視察する。
 〃 46年 9月 全国手すき和紙連合会より、特別表彰を受ける。
 〃 47年 4月 勲四等瑞宝章を受ける。
東京で「和紙三昧」を刊行する。
 〃 49年 4月 東京で「出雲和紙鑑」を刊行する。
10月 フランスで「夢のパリ展」を開く。
写真 弘前にて(日本民芸協会全国大会)
 〃 50年 4月 東京で「和紙巡歴」を刊行する。
写真 ニューヨーク ロックフェラー家にて
 〃 51年 10月 米国ニューヨーク・ロスアンゼルス・サンフランシスコの美術館で「和紙展」を開催。
 〃 53年 写真 那覇市首里儀保町にて
 〃 54年 1月 那覇で「沖縄の芭蕉紙」を刊行する。
 〃 55年 5月 中華人民共和国北京市の中国美術館で「日中友好文花展」を開催。
写真 日中友好文化展(北京にて)
 〃 57年 10月 島根国体にご来県の天皇陛下の御前にて手漉紙を抄造する。
 〃 58年 財団法人 「安部榮四郎記念館」開館
 〃 59年 急逝(12月18日)

写真

松江駅にて(バーナード・リーチ、柳宗悦)
棟方志功(新築の襖画書きに)
弘前にて(日本民芸協会全国大会)
ニューヨーク ロックフェラー家にて
那覇市首里儀保町にて
日中友好文化展(北京にて)

公益財団法人安部榮四郎記念館
島根県松江市八雲町東岩坂1754
TEL.0852-54-1745
FAX.0852-54-1745


1.和紙の博物館
2.紙すき体験

5
0
9
2
1
6
TOPへ戻る